FC2ブログ

AEDⅡ

まだまだ暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
お久しぶりです♪2足の草鞋で業務遂行中のTでございます!

さて、前回はAEDとはなんぞやという記事を書きましたが、今回はAEDの普及について
先日、日経新聞電子版に掲載されていた記事を抜粋してみます。


2004年から昨年末までの累計で約63万6千台に上ったことが31日、厚生労働省研究班の調査で分かった。
この約10年間で急速に普及している状況が明らかになった。ただ実際に使われた割合は低く、
設置場所の周知や使用法の啓発が一層求められる。

総務省消防庁によると、13年に公共の場で心臓の異常によって心肺停止状態に陥り、その場に居合わせた
市民から心肺蘇生とAEDを使った電気ショックによる措置を受けた人は907人に上った。
うち約半数は1カ月後に生存しており、4割強は社会復帰もできたという。
ただ同様の状態で目撃された人は約2万5千人おり、AEDによる電気ショックが行われた
割合は約3.5%にとどまったという。



普及はしてきてはいるものの、実際にどこのAEDがあるのか知らなかったり
もしその場に居あわせた時に、自分が使えるのか・・・不安が先に立ちますよね

AEDは機械から音声ガイドが流れてくるので誰にでも簡単に使用できるようになっています。
もしも・・・の時は、勇気を出してみて下さい!
また、何処の設置してあるの?と思われている方には日本全国AEDマップというサイトがあり
簡単に何処にAEDが設置されているのかわかるようになっています。 http://aedm.jp/ 是非ご覧ください。

福岡情報ビジネスで取り扱っているAEDは、初めてでも正しく使えるAEDなので
安心してお使いただます。

詳しい事をお知りになりたい方は ⇒  http://www.fjbnet.com/fjb/kyoudo03.html  をclick!!

それでは、またお会いしましょう♪
スポンサーサイト



8月のアクティブ~♪

こんにちは レインボーです

暑さ寒さも彼岸まで・・・
このころになりますと、よく耳にするお言葉でございます

お盆が過ぎまして、

あら?あららら??

なんだか暑さはやわらいできてる皮膚感がいたします(笑)
にもなりますと≪ささる≫感覚がありましたからね
朝晩もすずしくなってきたようでございます。


さて、月刊広報誌≪アクティブ8月号≫ができあがりましたので、掲載いたします


昨今、業務内のペーパーレス化をどのようにはかっていくのかを考える世の中となってまいりました。
わたくしたちも、いろいろ試行錯誤しながら日々、取り組んでいる次第でございます。


弊組合では、共同精算事業の一環として、組合員さまに、

≪FJBインターネット請求書サービス≫

をご提供する準備をはじております

準備室一同より、今月のアクティブに、ごあいさつ文を掲載させていただいております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

では、アクティブです

(表)
アクティブ8月号HP用表

(裏)
アクティブ8月号HP用裏

レインボーでした~

ベトナムのバイク事情

国際事業部のTです。シンチャーオ

7月中旬に、出張で初めてベトナムへ行ってきました。
ベトナムといえばバイクが多いというイメージがありませんか?
前に写真で見たことはありましたが、実際に見ると想像以上の迫力で、車での移動中は外の様子にくぎ付けになってしまいました

逆走するバイク、バイクや車の走る中をすり抜けて歩く人々、バイクの後部座席で母親につかまりながらウトウト眠っている男の子など、危ない!と思うような光景がたくさんありましたが、事故は不思議と少ないそうです。スピードが出ていないからでしょうか


特に驚きだったのは、大量の荷物を積んだバイクでした。
私が4日間の出張中に見つけた驚きのバイクをご紹介します
bike2.jpg
皆さん本当に器用に乗りこなしています。私だったらきっと1メートルも走れないと思います。。写真はありませんが、4人乗りしているバイクも何度か発見しました。中には5人乗りする人もいるそうです。

スマホを見ながら運転したり、妊婦さんも乗っていたり、中には自転車も紛れていました
bike5.png



朝7~9時と夕方4~6時頃にはラッシュアワーで大渋滞します。この時間帯に車で移動すると、目的地にたどり着くのにとても時間がかかってしまうので要注意です

ベトナムに行かれる事があれば、ぜひ、この迫力の光景をご覧ください!
プロフィール

レインボープロジェクト

Author:レインボープロジェクト
ここでは、私たちレインボープロジェクトチームの活動をレポートします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR